1. ホーム>
  2. 事業所一覧>
  3. 事業所紹介

事業所紹介

基本情報 2013年度

更新日:2015年02月10日

対象事業売上総額(年間) 59,629,216 円 対象事業売上総額(月額) 4,969,101 円
対象事業給料支給総額(年間) 22,778,234 円 対象事業給料支給総額(月額) 1,898,186 円
食品製造 対象事業月額平均給料 41,415 円 対象事業人数 46 人
(社福)はらから福祉会 びいんず夢楽多 宮城県柴田郡村田町
  • 小倉昌男賞

第3回ヤマト福祉財団賞受賞(当時)

事業形態 就労継続B型  就労移行支援 利用者種別 混合
事業所のある環境 事業所は町はずれに位置し周囲には水田が広がっている。田植時、夜ともなるとカエルの大合唱が聞こえてくる。
利用者合計人数(事業所全体) 46人 年度月額平均給料(事業所全体) 41,415円
ホームページ・連絡先等 http://www.harakara.jp/facilities/facilities.rhtml?blg_oid=100008
宮城県柴田郡村田町大字関場字屋敷前137-1
  • アクセスマップ

売上・月額平均給料実績の推移(人数は事業に関わる人数です)

(単位:円)

2014年5月現在 2013年度2012年度
売上 (年間)対象事業
その他
合 計
5,789,831
1,315,701
7,105,532
59,629,216
17,046,965
76,676,181
56,843,646
18,491,674
75,335,320
人数(期末)対象事業
その他
合 計
45
0
45
46
0
46
47
0
47
給料支給総額対象事業
その他
合 計
1,784,433
0
1,784,433
22,778,234
0
22,778,234
27,108,896
0
27,108,896
月額平均給料対象事業
その他
39,654
41,415
47,811
事業所全体月額平均給料 39,654
41,415
47,811

対象事業に対する設備投資額

(単位:千円)

項目 購入/賃貸 投資額 リース料・賃料
土地 無償貸与
建物
設備
備品 購入 69,822 380
その他
合計 - 69,822 380

資金内訳

(単位:千円)

自己資金 18,461
借入金 20,000
ヤマト助成金
その他助成金 31,741
合計 70,202

更新日:2015年02月10日 賞味期限の短い油揚げの納期と量産化に対応

事業展開の経緯

需要のある油揚げを専門に製造販売

 びいんず夢楽多(むらた)は、油揚げ専門の事業所です。当初、油揚げづくりは、はらから豆腐をつくる蔵王すずしろで行われていました。「豆腐と一緒に油揚げも」とのお客様の声に応え、施設の一角でつくりはじめましたが、売れ行きは好調で、豆腐製造の片手間ではとても需要に追いつけません。そんな時、障がい者の施設がなかった村田町より「新しい施設ができないだろうか。できれば農地の転用で生産する大豆を使って製品をつくってほしい」との要請があり、新施設として油揚げ事業を独立することを決意。2002年、(社福)はらから福祉会で2番目の事業所として、びいんず夢楽多が誕生します。

施設外観

最初から量産できる体制を整えてスタート

 びいんず夢楽多は、開所時から量産体制を整えてスタートした事業所です。「商品の需要がしっかりと見込めていましたし、材料の大豆も確保できますので、最初から売上や商品の品質など、確かな計算を元に計画して、びいんず夢楽多を立ち上げることができました」とはらから福祉会理事長の武田さんは話します。
 開所時には、自動フライヤーを導入しました。油揚げの生地を用意し並べるだけで、自動的に次々と油揚げを完成できるこの機械の生産量は、1時間あたり200~250枚。蔵王すずしろの頃は、一枚一枚手で揚げていたため1時間あたりの製造量は約90枚、その約3倍の量産化を可能にしました。
 2013年、びいんず夢楽多の年間の売上は7500万円以上、46名の利用者さんの平均月給も4万円を超えています。

自動フライヤー

給料増額への取り組み

油揚げのつくり置きを可能にした氷感庫

 量産体制を整えてスタートしたびいんず夢楽多ですが、やがて賞味期限が短い油揚げならではの問題にぶつかります。油揚げを卸先に納品するのは、製造したその日の朝。夜中の0時を過ぎて日付が変わったと同時に作業をはじめなければ、納品時間には間に合いません。当然、利用者さんが働ける時間ではないので、職員がシフト制で深夜の作業にあたりました。職員も大変ですが、このままでは利用者さんの仕事になりません。その解決策として、約8年前に氷感庫を導入しました。
 氷感庫は、賞味期限の短い油揚げを鮮度を保ち冷凍熟成させる機械ですので、つくり置きが可能になります。職員が深夜作業を行わなくても、利用者さんが朝から夕方までの出勤時間内でつくった油揚げを氷感庫で保管し、翌日や翌々日に納品できるようになりました。また、利用者さんは、その日の注文量に左右されず、毎日一定量を生産できるので、安定した仕事のペースで働けるようにもなりました。
 1台の氷感庫に保存できる製品は約1,200袋で、現在計3台の氷感庫が稼働しています。
 氷感庫導入後は、職員の勤務体制も安定しました。

氷感庫

消費者の声に応え、新商品ラインアップを充実

 現在の取引先は、宮城生協、地元スーパー、県外の障がい者施設などです。売上を伸ばせるように、職員は宮城生協との商談を月1回に定例化するなど、お客様との情報交換を密に行うようにしています。この情報を活かし、作った物をどう売るかではなく、お客様が求めている物とはなにかを重視し、卸先が売りやすい商品を開発して提案を行ってきました。びいんず夢楽多の商品は、開所時より随分とバリエーションが増えてきましたが、すべてはお客様の声に耳を傾け、要望に応えてきた結果です。
 例えば、いまや人気商品となっているみそ漬け油揚げは、七ヶ宿町で行商をされているお客様より「七ヶ宿町に昔からある郷土料理なのだが、いまはつくっているところがない。こんな油揚げなのだが、つくってみてくれないか」と言われたことがきっかけで生まれました。
 「思い立ったら、必ずやってみること。失敗しても構わない、試行錯誤を繰り返さなければ商品は広がりませんし、売上も伸びません」と武田さんは話します。

みそ付け油揚げ

商品・仕事のPR

国産大豆を使った肉厚で食べ応えのある油揚げ

 びいんず夢楽多の油揚げは、国産大豆を100%使用しています。その種類は、小揚げ、大揚げ、厚揚げ、三角揚げ、味噌漬け油揚げ、味付けいなりなど、全部で20種類になります。中でも好評なのは、みそ漬け油揚げと三角揚げです。
 調理味噌で味付けしたみそ漬け油揚げは、さっと焼くだけ簡単に調理でき、酒のつまみからご飯のおかずにまで最適と人気があります。

三角揚げ

アクセスマップ