1. ホーム>
  2. 事業所一覧>
  3. 事業所紹介

事業所紹介

基本情報 2013年度

更新日:2015年02月10日

対象事業売上総額(年間) 24,412,614 円 対象事業売上総額(月額) 2,034,385 円
対象事業給料支給総額(年間) 19,763,687 円 対象事業給料支給総額(月額) 1,646,974 円
クリーニング 対象事業月額平均給料 66,414 円 対象事業人数 26 人
(社福)キャンバスの会 CBSリネンサービス年見事業所 宮崎県都城市年見町
  • 小倉昌男賞

第13回ヤマト福祉財団小倉昌男賞受賞

事業形態 就労継続A型 就労継続B型 利用者種別 知的 精神 身体 混合
事業所のある環境 JR日豊本線の線路沿いに位置し、準工業地域と住宅地が混在する地域。近くに大型スーパーや学校、病院が点在します。
利用者合計人数(事業所全体) 26人 年度月額平均給料(事業所全体) 66,414円
ホームページ・連絡先等 http://canbasnokai.jp/rinen.html
宮崎県都城市年見町13-8
  • アクセスマップ

売上・月額平均給料実績の推移(人数は事業に関わる人数です)

(単位:円)

2014年9月現在 2013年度2012年度
売上 (年間)対象事業
その他
合 計
2,208,241

2,208,241
24,412,614

24,412,614
5,629,604

5,629,604
人数(期末)対象事業
その他
合 計
24

24
24

24
21

21
給料支給総額対象事業
その他
合 計
1,484,310

1,484,310
19,763,687

19,763,687
3,449,634

3,449,634
月額平均給料対象事業
その他
61,846
66,414 65,579
事業所全体月額平均給料 61,846
66,414 65,579

対象事業に対する設備投資額

(単位:千円)

項目 購入/賃貸 投資額 リース料・賃料
土地 賃貸
建物 賃貸 900
設備
備品
その他
合計 - 0 900

更新日:2015年02月10日 レンタルクリーニングで、大型注文を安定受注

事業展開の経緯

工場や飲食店とユニフォームのレンタルクリーニングを契約

 2013年に(社福)キャンバスの会で三つ目のリネン業務を行う事業所として誕生したCBSリネンサービス年見事業所。ここでは工場や飲食店のユニフォームなどを取り扱い、2013年度の売上は2,441万円、月額平均給料は6万6,414円を実現しています。
 その仕事の中心は、工場のユニフォームやレストランのエプロンなどのレンタルクリーニングです。これは、CBSリネンサービス年見事業所で用意したユニフォームやエプロンをお客様にレンタルしていただき、そのクリーニングも行うというもので、大きな工場などと契約が取れれば、大量の仕事を受注できることになります。

工場や飲食店のレンタルクリーニングを中心に行っています

三つのリネン事業所でそれぞれ特化して業務を分担

 レンタルクリーニングを開始する前、(社福)キャンバスの会のリネン事業の主流は、病院や高齢者施設などからのタオルや産着、私物クリーニングの仕事でした。この仕事を二つのリネン事業所で分担していたのですが、年々増加する工場や飲食店などのユニフォームまで取り扱っていると、キャパシティを超えてしまい、それまでのお客様の仕事で混入ミスなどをまねくことになってしまうかもしれません。他のリネン事業とは異なり特別な技術やノウハウが必要となるレンタルクリーニングは、新しい事業所をつくって行う方がよいと判断し、CBSリネンサービス年見事業所を開所することにしました。

CBSリネンサービス年見事業所

給料増額への取り組み

偶然の出会いとひらめきが新ビジネスに

 そもそもレンタルクリーニングをはじめるきっかけとなったのは、偶然の出会いからだった、と(社福)キャンバスの会の理事長 楠元洋子さん。
 2012年、楠元理事長は、ある会合で宮崎牛を提供するステーキハウスを利用します。その時、お客様が料理を食べる際に使用するエプロンを見て、もっと厚手の布地にすればお店のイメージアップにもつながり、汚れも目立たなくなるとひらめきました。
 「事業所に戻ると、早速スタッフに相談してオリジナルのエプロンをデザインしてもらいました。さらにお店のサービス向上を図り、経費削減にもつながることを企画書にまとめて、お店に提案に出かけたのです。市販のエプロンを購入するよりもうちで仕立てたエプロンを格安でレンタルし、その代わりにクリーニングの専属契約をしてもらう、そんな提案を行ったのです」。このプランにお店は喜び、契約を結ぶことになりました。こうして(社福)キャンバスの会のリネン事業に、新しいビジネスが誕生します。

レンタルクリーニングの提案で獲得したステーキハウスのエプロン

お客様によりプラスになる提案を行い、直接の取引先を獲得

 ただしこのビジネスをはじめた当初は間に業者が入り、下請けとなっていたため思ったよりも収益は伸びませんでした。新規でお店を開店する店主や企業にとって、初期投資を抑えることができるレンタルクリーニングは魅力的です。そこでレストランであればそのお店の回転率、工場であれば人数と必要とされるユニフオームの種類などを調べ、お客様の利益を計算して価格を設定した企画書を用意。2013年頃から、直接取引してもらえるお客様を求めて営業を開始します。
 「例えば工場であれば、1人に2着のユニフォーム、また帽子なども必要です。これらを購入して毎日クリーニングに出すコストと、レンタルクリーニングにすればどれだけ安くなるかを計算して提案します。提供するユニフォームも完全な自社製のものと、仕入れ商品にロゴなどを刺繍したもの、どちらがよいかはお客様の業態や規模によって違ってきます。こういった点も十分に考慮して提案を行いました。さらに、消耗による劣化やファスナーの壊れなどは無償で取り換えや修繕を行うサービスも行うようにしてプレゼンテーションしていきました」。
 この提案が評判となり、次々と飲食店や工場から直接依頼が集まるようになります。2013年には約30社のお客様とレンタルクリーニングの契約を結び、毎月12万3,500枚のユニフォーム、エプロン、テーブルクロスなどを手がけるまでになりました。

ボタンの取り換えや修繕をサービスで行っています

利用者さんが自分の役割と全体の流れを意識できる仕事場に

 CBSリネンサービス年見事業所には、他のリネン事業所とは違い洗濯機3台、乾燥機3台と機械の台数も多く、業務用のアイロン6台や縫製用のミシンなども導入しています。さらに、競合他社に負けないように、利用者さんがそれぞれ担当する仕事のプロとして能力を発揮できるように、しっかりと支援を行っています。
 「利用者さんの中には、アビリンピックのアイロンがけで金賞を取った女性もいます。ユニフォームのアイロンがけは、種類により異なるのですが、彼女は100種類近くあるユニフォームのアイロンがけすべてを覚えています。かつて彼女は別の仕事を担当していたのですが、その仕事を覚えられずに泣いて辞めたいと訴えてきたこともありました。そんな彼女にも必ず得意なものがあるはずと一緒に考えて、アイロンがけ担当にしたのですが、いまでは後輩を指導する立場となり、お給料も約10万円稼ぐようになっています」。
 また、利用者さんにとってより働きやすい、わかりやすい環境づくりにも力を注いでいます。集荷から、受入、仕上げ、出荷までの作業工程の流れを明確に示し、誰が見ても作業内容や流れがわかるように変えていきました。これにより利用者さんは、自分がどんな役割を果たしているのかを理解し、全体の流れを見ながら、いまなにをどうすべきかを自分で判断できるようになり、全体の生産効率は着実に向上しています。

100種類ものユニフォームのアイロンがけを把握する利用者さん

商品・仕事のPR

オリジナルの付加価値で他店と差別化を

 レンタルクリーニングでは、ユニフォームなどを提案する際に、お店のロゴやマークを入れ、オリジナルとして付加価値を付けた商品を提供しています。また、ご依頼に合わせて特別サイズのユニフォームを仕立てるなどの対応もしています。
 クリーニング作業としては、利用者さんも業務用アイロンを使用し、他社にも劣らない技術を身につけています。品物によっては利用者さんが1枚1枚手アイロンでしわを伸ばし、機械のプレスよりもよりきれいな仕上げを行い、好評を得ています。

ご要望に応じて特別サイズのユニフォームも仕立てます

アクセスマップ